RSS | ATOM | SEARCH
過剰負荷環境

過剰負荷環境

 

現代では、ネット、SNSなど様々な情報が飛び交い、

 

電車に乗っているとほとんどの人が

 

スマホを見ているという状況です。

 

そんな中で、情報が多すぎて処理しきれない

 

過剰負荷環境に陥っている面もあります。

 

心理学者のスタンレー・ミルグラムは、

 

過剰負荷環境に順応するために4つの方法をあげています。

 

‐霾鵑鮹算間で処理する

 

⊂霾鵑僚斗彭戮低いものは無視する

 

8朕祐屬両霾鵝接触を減らす

 

だ嫻い魏麋鬚垢

 

い砲弔い討任垢、責任を持つということは、

 

決断を必要とする場面もでてきますし、

 

さまざまな情報を得る必要があり、情報量が多くなる可能性があります。

 

つまり、情報量を減らすために、責任を回避する行動にでるのです。

 

若者は他人とあまり付き合わないといわれますが、

 

情報が多い現代を生きるために適応しいこうとしているのかもしれませんね!

author:新田猪三彦(にったいさひこ), category:-, 21:01
comments(0), -, pookmark
Comment