RSS | ATOM | SEARCH
心理学:人は顔の左と右のどっちを見てるのか!?
心理学:人は顔の左と右のどっちを見ているのか!?

あなたは、相手があなとの顔の左と右の

どっちをよく見ていると思いますか??


スコットランドの心理学者バートとペレットが

おもしろい実験を行っている。


その実験とは、

1枚の顔写真の顔の左半分と、

右半分が異なる合成写真を作成し、

その時の印象を答えてもらう実験である。


例えば、

左半分が女性で、右半分が男性で合成された写真と

左半分が男性で、右半分が女性で合成された写真を見せ、

どちらが女性らしく見えるか答えてもらったのである。


このとき、参加者の66%が

左半分が女性で構成された写真を女性らしいと感じた。

同様の結果は、合成された特性が表情や年齢などを

変化させてときにも得られた。


このことから、

バートとペレットは、顔画像から受ける印象は

主に見る側の左(見られる側の右)にある情報に

影響されると考えました。


私たちも、メイクや写真写りのときに

ちょっと意識すると違いがでるかもしれませんね!!


ブログを見た方は、ホームページにもいろんな情報を載せてますので、

一度、ご覧ください!

http://coreperi.com

 
author:新田猪三彦(にったいさひこ), category:日常の心理学, 22:29
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://nittaisahiko.jugem.jp/trackback/354