RSS | ATOM | SEARCH
NLP心理学:リフレームとは・・・

 NLP心理学:リフレームとは・・・

 NLPの手法のひとつに
「リフレーム」というものがあります。

リフレームとは、「意味づけや考えの枠組み(フレーム)を変えること。
今の額を外し、違う額をかけること。」
そして、枠組み(フレーム)を変える事で、物事の見方や捉え方が変わります。


例えば、あなたが三日後に試験を受けるとします。
あなたは、「試験まで三日もある」と考えますか、
それとも、「試験まで三日しかない」と考えますか。


「三日もある」と考えると、少し余裕があるように感じ、
「三日しかない」と考えると、少し焦っているように感じませんか。

つまり、「三日後に試験を受ける」という出来事は変わらないのに、
考え方を変えると、気持の持ち方も変わるということです。


私たちは、日常生活で様々な感情を持ちます。
それは、嬉しいことや楽しいことばかりでしょうか。
きっと、怒りや悲しみもあるのではないでしょうか。

そんなときは、少し立ち止まり、
出来事の捉え方を少しかえてみるのも良いかもしれません。

あなたはどんな見方や考え方をしたいですか。
author:新田猪三彦(にったいさひこ), category:NLP, 22:43
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://nittaisahiko.jugem.jp/trackback/20