RSS | ATOM | SEARCH
心理学:悩みは2種類!?
 心理学:悩みは2種類!?


あなたはどんな悩みがありますか?

あなたはどんなときに悩みますか?


人ぞれぞれ、悩みの種類、悩むタイミングは違うと思いますが、

大きく分けると2種類です。


ひとつは選択する前に生じる悩み

もうひとつは選択した後に生じる悩み


悩みって何かを選ぶ前に迷ったりすることで生まれるから、

「選択する前」は分かるけど、「選択した後」というのは

いまいちピンとこないという人もいるかもしれません。


しかし、多くの場合「何かを選択した後に悩みは生じます」


例えば、

服やバックを買うときに、勢いで買った経験はありませんか?

そして、その後、「あっちの方がオシャレだったかな。」

「あのバックの方が使いやすかったかな。」などと

悩んだことはありませんか?


このように、人間は何かを選んだ後に悩みだすのです。

なぜなら、基準がないと比較できないので、うまく悩めないのです。


そのため多くの場合、考えることを後回しにして

行動してしまい、「あの時、こうしていれば・・・」

「あちらを選んでおけば・・・」

と悩んでしまうのです。


しかし、それで良いのです。

選択する前に悩み、何も行動しないのでは

何の成長もありません。

何かを選択した後に悩むのは

何か新しい可能性を探しているプロセスなのです。


あなたが何かを選択したからこそ、

一歩前に進めているのではないでしょうか。
author:新田猪三彦(にったいさひこ), category:気づきの心理学, 23:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。