RSS | ATOM | SEARCH
カウンセリングの第一歩
JUGEMテーマ:カウンセリング

カウンセリングの第一歩

「カウンセリングの第一歩」ってどんなことでしょうか。

コミュニケーションの築き方などを第一歩としてあげる方もいらっしゃれば、

認めることや受け入れることなどをあげる人もいらっしゃると思います。


私は、

「あなたがただそこにいて、今のあなたの課題をみつめている状態」

第一歩ではないかと考えています。


カウンセリングに関心があるということは、

今、目の前に何か解決したいテーマがあるからだと思います。

それに気づくことができただけでもステキなことだと思います。


そのまま目をつぶって通過できたかもしれのに、

あえて、そこで立ち止まった勇気は大切だと思います。


もし、心理学やカウンセリングに関心があるのでしたら、

「心理学:生活環境」 「心理学テーマ集」 「カウンセリング」

などの記事もご覧ください。



author:新田猪三彦(にったいさひこ), category:カウンセリング, 15:23
comments(3), trackbacks(0), pookmark
Comment
はじめまして。私は、最近コンサルティング関係の仕事をしているのですが、悩み事の相談で話が終わってしまい、なかなか前に話が進みません。そのため、カウンセリングの勉強も必要なのかどうなのか迷っています。
新田さんのようにNLPやカウンセリング、セラピー関係など幅広く学んだ方は少なく、ひとつの事を集中してやっている友人が多いため、まわりからは今やっていることを継続するべきという意見が多いです。
何か良いアドバイスなどありましたらおしえて下さい。
青い瞳, 2010/03/07 10:43 PM
青い瞳さん、コメントありがとうございます。
返事が遅くなりごめんなさい。

私の周りには、カウンセリングのひとつの手法を徹底的に学ぶタイプの人と、いろんな分野を幅広く学ぶタイプの人がいます。

私の場合は、クライアントさんが「かなえたい夢はあるけど、仕事場の人間関係に悩みがある」というタイプの人が多く、現在の悩み解決にはカウンセリングの手法が必要と感じ、夢を実現するにはコーチングの手法が必要と感じたために幅広く学びました。

どん底の状態の人や、夢に一直線の人ではなく、その中間くらいの人が対象だったことが大きく影響していると思います。
どん底の状態の人には、長年カウンセリングをやっている人や、夢に一直線の人にはコーチのような人が良いと思います。

青い瞳さんがどんなクライアントさんを対象にしたいかを考えた上で決めてみてはどうでしょうか??
答えになっていないかもしれませんが、参考にしてもらえると嬉しいです!
新田猪三彦, 2010/03/14 10:15 PM
ご丁寧にありがとうございます。
私自身の方向性がまだ決まっていないため、どんな人を対象にしたいのかが明確になっていないことに気づきました。参考にさせてもらいます。
ありがとうございました。
青い瞳, 2010/03/21 11:04 PM









Trackback
url: http://nittaisahiko.jugem.jp/trackback/122