RSS | ATOM | SEARCH
エドワード・バッチ博士

エドワード・バッチ博士

今回は、バッチフラワーレメディの開発者である

エドワード・バッチ博士の紹介です。

エドワード・バッチ博士は、1886年9月24日、イギリスに生まれます。

バーミンガム大学医学部を卒業後、細菌の研究などに取り組み、

ホメオパシーについても研鑽を深めていきます。


「人間の感情や気質が病気を起し得る」という洞察に基づき、

人それぞれが抱えている不調和の感情や気質が

バランスが取れた状態になるような方法を模索していきます。


思考錯誤のうえ、植物、太陽の光、湧水といった自然のエネルギーを

活用したバッチフラワーレメディを開発するのです。

1936年11月27日に亡くなるまで、

人々が生き生きと幸せに暮らせるように尽力されました。

author:新田猪三彦(にったいさひこ), category:セラピー・バッチフラワー, 22:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。