RSS | ATOM | SEARCH
EQ(感情知能指数)とは・・・
EQ(感情知能指数)とは・・・

「EQ」という言葉をきいたことがある人もいらっしゃれば、

初めて耳にするという人もいらっしゃるかもしれません。


心理学関連の本を調べていくと、

EQとは、“Emotional Intelligence Quotient”の略称と書いてあります。

直訳すれば、「情動知能指数」「感情知能指数」となりますが、

「こころの知能指数」という呼び方をされることもあります。

他にも、「情動知能」、「感情知能」という呼ばれ方をすることもあります。

また、EQを “Emotional Quotient” 「感情指数」の略称として

使用している場合もあるようです。


EQは、ピーター・サロベイ博士とジョン・メイヤー博士が

心理学の観点に立ち、ビジネス社会で夢を実現した人の要因を研究する

ところからスタートします。

博士たちは、夢を実現するのに、IQが一定の役割を果たしてはいるのは事実だが、

IQが高いからといって必ずしも夢を実現するとは限らず、

逆に、それほどでも高くない人も夢を実現している事に着目し、

夢を実現するには、

IQ以外の別の要素があるのではないかと考察します。


そして、彼らは、ビジネスパーソンを対象にした調査の結果、

「ビジネスで夢を実現した人は、対人能力に優れている」

ということに気づきます。

具体的には、ビジネスで夢を実現した人は、

「自分の感情を管理し、他者の感情を知覚する力が優れている」

というものでした。

これらのことから、博士たちは、

「感情をうまく管理し、利用できることは、ひとつの能力である」

というEQを提唱します。


私たちは、日常でいろんな感情を抱きます。

そして、感情の動き方は様々であり、感情の動き方の違いが行動を変化させます。

メールではなく直接会って話をしたい人、

初対面の人でもすぐにうちとけれる人、

ついつい話が長くなる人など、行動が異なるのは、

その場面ごとに感情の動き方が違うからなのです。

感情の動き方を知ることで、自分と他者の共通点もみつかることでしょう。




author:新田猪三彦(にったいさひこ), category:EQ(感情知能指数), 18:27
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。